ボーナス払いでカードローン

何かを借りる時は、保証人が必要になる事がしばしばあります。賃貸住宅などの契約をする時には、それはたいてい必要になるでしょう。また奨学金などを利用する時も、2名以上の保証人が求められるケースが目立ちます。それでカードローンという商品も、もちろん借りるタイプに該当する訳です。ですがこの商品の場合は、保証人は不要になります。そもそも金融会社の商品を利用する際には、保証会社というものを利用する事になるのです。そこでの審査を受けて手続きを進めますから、わざわざ保証人を立てる必要もありません。そもそも保証人が必要というルールは、とても面倒です。時には親戚に対して声をかける事もあるのですが、その手間が少々大きいと感じられる事もあるでしょう。それが不要な点は、カードローンのメリットと言えます。しかし、たまに例外もあります。そもそもカードローンで借りようと考える方々は、大きな金額を望む事もあるのです。たまに数百万で借りたいと希望する方々も見られますが、そういう時は保証人が求められる事はあります。ですがそういうケースは、やはり極めて稀です。一般的には数十万前後に収まるケースも多いですから、原則として保証人は不要と考えて良いでしょう。カードローンは、ボーナスの時期だけ返済をするということはできませんが、毎月の返済にボーナス時はプラスして返済をするということはできます。こうすることで返済期間が短縮できるメリットがあります。しかし、ボーナスは業績によって減額されたりなくなったりするものです。あまりあてにしないで、少額に申請してボーナス時は返したほうが得策といえます。なので、ボーナスを見込んでの返済はよく考えたほうがいいです。もし、ボーナスでも返したいけどないときもあるから不安な人は、ボーナスが支給されてから随時返済すればいいです。随時返済は比較的自由にできますので、ボーナスを我慢して返済に回すということもたまにはできます。初めからボーナス払いを設定していると大変なだけです。返済は自分のペースで地道に返していくのが一番です。返済もかなり便利になって、近くにあるATMで返すこともできるカードローンもあります。思いついた時すぐに返すことができるので、ボーナスが出たら、使わないうちにすぐに返済に回してしまいましょう。あるうちにすぐに返してしまえば、どんどん返済額が減っていきます。ボーナス払いを選択すると、ボーナス払いだけ金利がないカードローンもあります。コンスタントにボーナスが出る会社なら、ボーナス払いを選択したほうがいいと思います。早目に返してしまうことが一番の完済への近道です。

サラ金とは(用語解説)